こんばんは。はなRuRiです。

みなさんは、泣くことに対して罪悪感はありますか?
羞恥心はどうですか?
私は、二つともめちゃくちゃあります。

私は、小さい頃から、すごく泣き虫でした。
今にして思えば、自分だけでなく、周囲の感情に対しても敏感だったんだと思います。
喧嘩までいかなくとも、大声で言い合うのを聞いたり、段取りなどうまくいかなくて困っている空気を感じるとそれだけで、心がざわざわして泣きたくなるような、実際には泣いたこともあった子でした。
もちろん、自分の身に起きたことであれば、すぐに泣いていました。

そんな時親や学校の先生などはたいていこう言います。
「泣くんじゃない。我慢しなさい。」
感受性の強い私を心配した先生からは
「感情のコントロールできるようになろうね。」
と言われました。(その言葉自体は私を想ってのことだということが伝わってましたが)
で、だんだんと泣くときに罪悪感を抱くようになります。
コントロールなんて、とっても難しくてでもコントロールしなくちゃと思って
「泣きやめ、泣きやめ」って自分に言い聞かせる。
でも何度も涙がぶり返してきて
「私ってなんでできないんだろう。」
っていう罪悪感や羞恥心が大きくなりました。
そして大人になるにつれ、泣くと「感情のコントロールのできない人」と怒られるようなこともありました。
そうすると、ますます言い聞かせる→罪悪感の膨張→自己否定のループです。
それをずっと、つい最近まで正しいことだと思って繰り返していました。

そんな私を救ってくれたのが、はづき数秘術との出会いです。
相手の考えや感情は相手のもので、自分の考えや感情は自分のもの。
自分の感情を後回しにして、相手の感情を優先したら、自分の感情は誰が認めてくれるの?
目からうろこでした。
よく、自分を愛してって聞くけど、それが腑に落ちた感じでした。
今の私は、泣くことにまだ羞恥心はあるけど、罪悪感はほぼゼロになりました。
そして泣くことやそれに伴う罪悪感や羞恥心も含めた感情を自分で認めることができつつあります。

泣くことは何かの感情表現です。感受性の強い人は泣くことでしか表現できない時もあるかもしれません。
だから、一人でも多くの人が泣くこと自体を否定しないでほしい。
何も言わなくてもいいので「泣いてもいいんだよ」という雰囲気で包んでほしい。
そうすることで、罪悪感ではなく、自分で自分を受け入れる力を育んでほしい。

いろんな感情があっていいんだよ。だって人間だもの。

長文にお付き合いいただきありがとうございます。

喜びの種がまかれますように・・・。