ご訪問ありがとうございます。はづき数秘術アカデミー認定講師はなRuRiです。

ひらめいたことを忘れないように、メモもかねてブログに残したいと思います。

自分の身近な人・・・。
家族やパートナー、友達、知人、職場の人などなど。
自分が何かやりたい!って強く思った時ほど
「あなたのためを思って」というニュアンスを込めてアドバイスや意見をしてこないですか?
近くにいる人が失敗するところや傷つくところを見たくないために言っていることが多いですが
その奥には「私をおいていかないで・・・」という気持ちがこめられています。
多かれ少なかれ嫉妬があるということですね。
言われたほうは素直に聞き入れるか反発するかだと思うのですが
身近な人のアドバイスで失敗したとき、陥りやすいのがその人のせいにすることです。

私たち一人一人をPCやスマホなどに例えると・・・。
身近な人のアドバイスって勝手にウイルス感染させられたようなものだと思いませんか?
自分の大切なPCに自分が使うためのスペックを備えて、ソフトをインストールしたのに
ウイルス感染・・・。
悲しみ、怒り、無力感などわいてきませんか?
PCのスペックを選んだのも、ソフトを選んだのも自分。
自分で選んで失敗やトラブルがあったのなら、また自分で何とかしようと思うけど
ウイルス感染で失敗やトラブルが起こったらウイルスのせいにしませんか?

なんてことを突然ひらめきまして、誰かのウイルスにならないように気をつけようと思いました。

今、この瞬間、喜びの種がまかれますように・・・。
20140702094247_53b3558786efd (1)